トラブルを避ける

マニキュア

ニキビは、子供から大人まで多くの人を悩ます皮膚トラブルとして広く知られています。その上、ニキビは治った後も赤みのあるニキビ跡が消えない、などのトラブルも引き起こすことがあります。 そこで、ニキビ発症の原因から探っていきます。まず、ニキビができる原因は、子供と大人では違いがあるとされるのが一般的です。子供の場合、過剰な皮脂分泌が起こり、毛穴を詰まらせ、ニキビを作りやすくなると考えられています。一方、大人の場合、ストレスや睡眠不足、乱れた食生活など、日常生活に関連した原因が多いことが特徴として挙げられます。さらに、大人の女性に多くみられるものとして、過度なダイエットや冷え症などもニキビを引き起こす原因とされています。

ニキビが治った後に、なぜか消えない赤みに悩んだ経験を持った人も多くいると思います。ではなぜ、ニキビ跡が赤く残ってしまうのか、その原因について考えます。ニキビ跡の赤みには、主に2つの原因があります。1つ目の原因は、毛細血管の拡張と増生です。ニキビができると、肌が炎症を起こします。そして、ニキビによって傷ついた肌を修復するため、患部を中心として毛細血管が増殖していきます。その結果、その部分が赤く見えてしまうのです。2つ目の原因は、血液です。皮膚の炎症が深くなると、血管が損傷し、血液が流出します。そのため、患部に血液が沈着して、赤く見えるのです。 多くの人を悩ませているニキビ跡ですが、赤みのあるニキビ跡には効果的な治療法があります。まず、肌のターンオーバーを正常に機能させることです。肌は28日周期で生まれ変わるため、ターンオーバーを正常に促すことで、自然と赤みは消えていきます。そして、健康的な生活習慣を身につけることも重要です。それでも改善されない頑固な赤みには、美容皮膚科などでのケミカルピーリングやレーザー治療が効果的です。